2015年04月01日

相次ぐ大規模停電(オランダ、トルコ)

情報源 http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/

相次ぐ大規模停電(オランダ、トルコ)

3月27日にはオランダで大規模停電が発生しスキポール空港が閉鎖されたり
交通が麻痺したりしていましたが、今度はトルコ全土で停電が発生しており、テロの可能性も含め原因究明が進められています。


発電所・変電所の警備システムが脆弱とも言われており、また工事を行う際に一部セキュリティーシステムが解除されることもあると言われており、そこを狙われたのかも知れませんが、問題はハッカー集団が一時的な停電を狙ったものではなく、発電所のシステムにウイルスを注入しいつでも起動できる体制を作ることにあるかも知れないことです。

仮に発電所をダウンさせることができれば電気は止まりますが、反対に過重電気を送電線に流すことができれば、変電所・送電線網は全て破壊され、長時間にわたり停電状態が続くことになりかねません。

日本では三菱電機のテレビ160万台余りが突然狂いだしましたが、これもハッカー集団がシステムを乗っ取ったから出来た仕業とも言えます。
(単なるシステムエラーと発表されていますが、システムエラーで160万台ものテレビの電源がオン・オフを繰り返すでしょうか?)

今恐れられている事態は、世界中でハッカー集団が仕組んだウイルスが一斉に稼動することであり、特に発電所、変電所、鉄道網、空港管制システム、銀行システム等がマヒする事態です。

すでにウイルスが仕組まれていれば、探しだすことは至難の業であり、それらが一斉に稼動すれば世界中はパニックになりかねないのです。

オランダ、トルコで発生した大規模停電が日本でも起こる可能性があるという前提で対処しておく必要があります。

銀行システムがハッキングされ、口座残高がゼロになることもあり得る訳でありいつも残高を通帳に記載しておく等の対処は必要と言えます。

また、極めて高度の情報ではすでに深刻な事態が進んでいるとも言われており、(これは決して公表されず事態が発生して初めて分かることです)、我々は余りにも便利な生活を手にいれ過ぎたのかも知れません。





posted by 究明 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故・暗殺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。