2014年12月09日

菅原文太の応援演説



◆2014年11月1日、沖縄県知事選挙「1万人うまんちゅ大集会」での挨拶◆
*翁長・新沖縄県知事へ贈った、菅原文太の応援演説(遺言)の全文文字起こしです。

【貼付転載開始】

こんにちは。
沖縄は、何度来ても気持ちがいいね。
あの、カートに乗って楽をさせてもらったけど、80過ぎたんで、さっきの2人みたいに走れないよ。
30年前ならあの倍くらいのスピードで走ったけどね。
今日は自分から立候補して、ピッチャー交代、知事交代、ということで押し掛けてきました。
プロでない私が言うんだから、あてになるのかならないのか分かりませんけど、
政治の役割はふたつあります。
ひとつは国民を飢えさせない事、安全な食べ物を食べさせる事。
もうひとつは・・・、これは最も大事です。絶対に戦争をしない事!
私は小学校の頃、軍国少年でした。
小学校、なんでゲートルを巻いて、戦闘帽をかぶって竹槍を持たされたのか?
今振り返ると本当に、笑止千万です。
もう二度とああいう経験は子どもたちに、子どもたちだけじゃない、
大学生も、雨のなかを、大勢の将来大事な大学生が戦地へ運ばれて、半数が帰ってこなかった。
今の政府と、本土の政府ですよ。
仲井真知事は、まさに戦争が起こること、起きること、戦争をすることを前提に沖縄を考えていた。
前知事は今、最も危険な政権と手を結んだ。
沖縄の人々を裏切り、公約を反故にして、辺野古を売り渡した。
ー:そうだ!
古い映画だけど、「仁義なき戦い」に、その流れでいうと、
仁義なき戦いの裏切り者の山守、覚えていらっしゃらない方もいるかな?
ー:覚えてるよー!
覚えてるかーっ!
映画の最後で、「山守さん、弾はまだ残っとるがよ。一発残っとるがよ」というセリフをぶつけた。
その伝でいくと、
「仲井真さん、弾はまだ一発残っとるがよ」
と、ぶつけてやりたい。
沖縄の風土も、本土の風土も、海も山も空気も風も、すべて国家のものではありません。
そこに住んでいる人たちのものです。
辺野古もしかり。
勝手に他国へ売り飛ばさないでくれ。
まあそうは言っても、アメリカにも、良心厚い人々はいます。
中国にもいる。
韓国にもいる。
その良心ある人々は、国が違えど同じ人間だ。
みな、手を結び合おうよ。
翁長さんはきっと、そのことを、実行してくれると信じてる。
ー:、、を守るぞ!
おぉ!
今日来てるみなさんも、そのことを、肝に銘じて実行してください。
それができない人は、沖縄から、日本から、去ってもらおう!
甚だ短いけど、終わり!

情報源 http://enzai.9-11.jp

posted by 究明 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 政府 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

安倍政権の現実

明日は選挙です。以下の情報を知ってから投票しましょう。
情報源はhttp://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=299118

転載開始
 
景気が良くならないのは、何で?
299118 日本人を地獄に突き落とすアベノミクス。その輝かしい実績の数々。
 
梵 14/12/12 PM08 【印刷用へ】
安倍政権のとんでもない政策の数々がようやくボチボチと報道され始めました。
これだけ、日本を破壊した安倍政権自民党であるにもかかわらず、一方では、選挙で自民圧勝などという報道がされている。

安倍政権の実績をまとめてくれるサイトを紹介しますので、選挙前にもう一度確認しておきたいものです。

日本人を地獄に突き落とすアベノミクス。その輝かしい実績の数々。
リンク
より転載

安倍首相とその右腕のパソナ竹中平蔵は、自らが提唱したアベノミクスがいかに日本経済をよくしてきたかと自慢げな顔をして平気で嘘をついてきました。

「私達は3ヶ月間で4万人の雇用を創出した」と嘘。

アベノミクスでパ-トの時給が17円プラスに転じたと嘘。

「国民総所得」を「国民の平均年収」にすり替える。

夏のボ-ナスは7%上がったと嘘。

民主党政権で株価が半分になり140万人の雇用が失われたと嘘。

限定正社員は欧米では一般的と嘘。

GDPが民主党時代の-3.7%から+1.9%になったと嘘。

今年の春闘でベ-スアップをした企業が2桁になったと嘘。

「民主党時代は賃金が下がった」と国会で嘘。

EUで活力溢れる日本経済がかえってきたと嘘。

これらが全て嘘だったことが分かる図表を以下にいくつかご紹介します。どうぞとくとご覧下さい。

【国民一人当たりGDPランキング 推移】

 24・23・22・21・20・19・18・17・16・15・14・13・12・11・10・9・8・7・6・5・4・3・2・1
1991年−−−−−+−−−−−+−−−−−+−−−−−+−●4位(宮澤)
1992年−−−−−+−−−−−+−−−−−+−−−−−+−●4位(宮澤)
1993年−−−−−+−−−−−+−−−−−+−−−−−+−−●3位(細川)
1994年−−−−−+−−−−−+−−−−−+−−−−−+−−●3位(村山)
1995年−−−−−+−−−−−+−−−−−+−−−−−+−−●3位(村山)
1996年−−−−−+−−−−−+−−−−−+−−−−−+−−●3位(橋本)
1997年−−−−−+−−−−−+−−−−−+−−−−−+−●4位(橋本)
1998年−−−−−+−−−−−+−−−−−+−−−−●6位(橋本)
1999年−−−−−+−−−−−+−−−−−+−−−−−+−●4位(小渕)
2000年−−−−−+−−−−−+−−−−−+−−−−−+−−●3位(森)
2001年−−−−−+−−−−−+−−−−−+−−−−−●5位(小泉)
2002年−−−−−+−−−−−+−−−−−+−−−●7位(小泉)
2003年−−−−−+−−−−−+−−−−−+−●9位(小泉)
2004年−−−−−+−−−−−+−−−−●11位(小泉)
2005年−−−−−+−−−−−●15位(小泉)
2006年−−−−−+−−●18位(小泉)
2007年−−●22位(安倍)
2008年−●23位(麻生)
2009年−−−−−+−−−−●16位(鳩山)
2010年−−−−−+−−−−−+−●14位(菅)
2011年−−−−−+−−−−−+−●14位(菅/野田)
2012年−−−−−+−−−−−+−−−−−●10位(野田)
2013年●24位(安倍) ←最下位

 
【賃金構造基本統計調査】

平成15年 302.1千円 (前年比▼0.2%)
平成16年 301.6千円 (前年比▼0.2%)
平成17年 302.0千円 (前年比+0.1%)
平成18年 301.8千円 (前年比▼0.1%) 自民党政権
平成19年 301.1千円 (前年比▼0.2%)
平成20年 299.1千円 (前年比▼0.7%)
平成21年 294.5千円 (前年比▼1.5%)
------------
平成22年 296.2千円 (前年比+0.6%)
平成23年 296.8千円 (前年比+0.2%) 民主党政権
平成24年 297.7千円 (前年比+0.3%)
------------
平成25年 295.7千円 (前年比▼0.7%) 自民党政権  ←安倍「近年まれに見る賃金の上昇が見られる(キリッ)」

13年の月額賃金0.7%減、4年ぶり低下 厚労省調査

 
【安倍首相が自慢している雇用者が60万人も増えた、の内訳】

アルバイト 100万人増加
契約社員  60万人増加
嘱託・他   20万人増加
正社員   120万人減少 ←(苦笑)

 
【安倍自民党の日本人を殺す輝かしい実績】

・消費増税5%→8% (還元セ-ル取締り,便乗値上げは放置)
・所得税増税,住民税増税, 固定資産税増税
・相続税増税,贈与税増税 → 現在の最高税率50%が、2015年1月から55%
・退職金の住民税控除廃止。(退職金にかかる住民税10%の控除廃止)
・年金支給0.7%減額
・国民年金料引き上げ
・厚生年金保険料 → 現在の17.12%が2014年10月から17.474%
・高齢者医療費負担増
・診療報酬引き上げ(医療費値上げ)
・国民保険料高齢者引き上げ
・40-64歳介護保険料引き上げ
・児童扶養手当減額
・石油石炭税増税ガソリン代リッタ-5円UP!
・電力料金大幅値上げ,5月ガス料金大幅値上げ
・高速料金大幅値上げ ETC割引縮小
・自動車重量税増税
・軽自動車税は、現在の7200円から1.5倍の10800円,原付きバイクは倍増完全に弱い者いじめ
・タバコ5%増税
・株の譲渡益税 10%→20%
・NHKの受信料UP
・公務員給与減額停止

・海外バラマキ
モザンビ-ク700億
ASEANにODA2兆円
インドへ円借款2千億円
ミャンマ-に6百億円供与(債務免除と合わせると2兆3600億)
ウクライナ1500億円
バングラディシュに6000億円
アフリカに3兆
米国にアベノミクスをやるために105.2兆円+(リニア技術の無償提供+5000億)

<検討中>
消費税8%→10%
配偶者控除見直し (安部首相による強い検討指示)
法人税減税 財源に配当や売却にかかる税率の引き上げ
年金支給開始年齢の引上げ
企業側の非正規雇用規制緩和(実質賃金の低下)
移民1000万人受入れ(安部首相による強い検討指示)
年金基金で日本株アクティブ運用(ダウが史上最高値時にあえて高リスク運用に傾倒)

 
【世界報道自由ランキング】

年  日本 韓国
-----------自民政権------------
2002 26位 39位
2003 44位 49位
2004 42位 48位
2005 37位 34位 初めて韓国に抜かれる
2006 51位 31位 ★第1次安倍政権。歴代最悪の順位を記録★
2007 37位 39位 韓国を抜き返す
2008 29位 47位 
-----------民主政権------------
2009 17位 69位 ☆10位台まで順位を上げる☆
2010 11位 42位 ☆歴代最高順位を記録☆
2011 (2011-2012年度版として2012年に発行)
2012 22位 44位 原発報道の問題があるものの歴代自民政権よりも高順位をキ-プ
-----------自民政権------------
2013 53位 50位 ★第2次安倍政権。順位を大きく落とし再び50台に落ちるだけでなく韓国にも抜かれる★
2014 59位 57位 ★さらに順位を落とし、先進国で唯一顕著な問題がある国に転落★
 
(以上、安倍政権が日本国民をガチで潰しにかかってる件より抜粋)

まあ、すごいご実績です。ここまで日本人を地獄の底に突き落とした内閣は初めてです。内閣の批判ばかりをしてきた日刊ゲンダイも、かつてはただの悪口しか言わない下劣な新聞だと私は思っていましたが、今では日刊ゲンダイこそ最も真実をついている新聞に見えてきました。何しろ、安倍内閣をもっとも痛烈に批判している新聞ですから。
 
転載終わり

明日は、自民党以外として、「う〜ん、、、」って感じですが、まあ自民以外ということで。

posted by 究明 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 政府 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

セキュリティ研究者「北朝鮮の関与は、あり得ないと思う」

パロディ映画「ザ・インタビュー」制作会社ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントに北朝鮮がサイバー攻撃したことに関して、反論がありました。

IT MEDIA NEWS からの情報

(途中から転載)

・・・・・しかし、こうした見方に対してセキュリティ研究者のマーク・ロジャース氏は自身のブログで、北朝鮮の関与は「あり得ないと思う」との見方を示した。その根拠として、攻撃者が使っている英語の誤りには、朝鮮語使用者にありがちな典型的な誤りが一切なく、英語使用者が意図的に誤った英文を書いた疑いがあると指摘する。

 また、SPE攻撃に使われたマルウェアが朝鮮語のPCで作成されたと伝えられている点については、「むしろ北朝鮮である可能性は薄くなる。北朝鮮では伝統的な『朝鮮語』ではなく独自の方言を使っていて、伝統的な朝鮮語は禁止されている」と解説した。

 さらに同氏は、マルウェアを作成したのはSPEの社内構造に詳しく、主要パスワードを知っていた人物と思われることから、内部関係者の関与が疑われるとの見方を示した。当初の段階では映画「The Interview」には触れていなかったにもかかわらず、途中からメディアで北朝鮮の関与説が騒がれ始めたために、犯人が国家の仕業に見せかける狙いでこの説に便乗した可能性もあるとしている。

情報源は以下
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1412/19/news046.html

マーク・ロジャース氏のブログ
http://marcrogers.org/2014/12/18/why-the-sony-hack-is-unlikely-to-be-the-work-of-north-korea/

関連情報
http://oka-jp.seesaa.net/article/410967599.html

ところで「ザ・インタビュー」はどんな映画なのか?情報源以下より全文転載
http://jp.wsj.com/articles/SB11501383225136704765104580346273467810774
1.jpg

正恩氏暗殺映画「ザ・インタビュー」を見るのは拷問

2014 年 12 月 19 日 15:00 JST

 1本の映画がこれほどまでに制作会社(と国家)に影響を与えたことはない(私にとっても、ほとんどの人が目にすることがないであろう映画を論評するのは初めてだ)。もちろん「ザ・インタビュー」は単なる映画ではない。がさつな美学に基づくバディ・コメディで、衝撃的な現実の出来事を挑発する形になった。現時点では映画の質は問題とされていないようだ。しかしその見るに堪えない質は、この作品とそれに付随する危機を生み出した発想を象徴している。

 最初のシーンはかなり笑える。北朝鮮の子供が、かわいい顔に明るい笑みを浮かべて「米国は死ね」という残忍な歌を歌っている。しかし、ここから悪化の一途をたどる。それは、セス・ローゲンとジェームズ・フランコが演じる相棒同士(バディ)が金正恩第1書記を暗殺するために米中央情報局(CIA)によって北朝鮮に送り込まれたという理由だけではない(彼らは第1書記がファンであるワイドショー「スカイラーク・トゥナイト」の真面目なプロデューサー、アーロン・ラパポートと司会者デーブ・スカイラークを演じている)。眠れない夜に見る「サタデー・ナイト・ライブ」を考えてみるがいい。さらに潔癖症の強迫観念のばかばかしさ(具体的には北朝鮮指導者の体質)、ドラッグジョーク(エクスタシー、それに暗殺計画には不可欠のリシンなどを含む)、芸能界のギャグ(エミネムはこのテレビショーでゲイであることを告白し、ロブ・ロウは頭がはげていると言われる)、それにデーブのCIAコールサイン「ダンビートル(ふんころがし)」にふさわしい口汚い対話もある。

 ランドール・パークは、自分に自信がなく、ばか丁寧な第1書記を演じることで、若き独裁者をとても笑える存在にしている。第1書記はデーブにかわいらしい犬をプレゼントしたあと、彼に「私は私。私はベストを尽くす」と言う。だがジェームズ・フランコは、彼が笑える存在だと観客が理解できるように恥ずかしげもなく大げさな表情をする。しかし、彼はおかしくない。脚本全体が、風刺的な(少なくとも茶番劇風な)ストーリーを不愉快なおふざけにしてしまうのだ。現実の世界では、何が拷問で何が拷問でないかについて議論されているが、映画の世界に議論はない。「ザ・インタビュー」を見ることは、ほとんど最初から最後まで拷問だ。

 このような駄作がどうして公開されようとしていたのだろうか。その答の大きな部分は、数十年前に始まった観客のレベル低下にある。マーケティング部門が丁寧な仕事さえすれば、週末に子供たちがほとんどどんなジャンク映画でも見に行くことに制作会社が気付いたのだ。ポップカルチャーを粗悪なものにしたのは映画だけではないが、映画は熱心な観客を伴ってその道を先導した。観客のレベルを低下させることは何年間もうまくいき――それは少数の人気スターのおかげなのだが――その結果、映画自身のレベルも落ち、現実と無謀な空想との違いが容易に識別できないほど矮小(わいしょう)化されてしまった。「ザ・インタビュー」はハリウッドで作られるべくして作られたのだ。(転載終わり)

感想:”アメリカ政府が北朝鮮を攻撃するために、わざわざ映画を作らせ、内部犯行でサイバー攻撃をした” と過去のアメリカの自作自演攻撃から想像できなくもないです。ただ、こんな時期にこんな面倒なことをするのかとも思います。政府に映画製作関与がないとしても、映画世界へのサイバー攻撃のことなど放っておけばいいのに、これがアメリカにとって何かいいことでもあるのか、、、、

それより、こういうサイバー攻撃が可能であるとすれば、ハッカー集団がその気になれば、国で大企業でも、世界の黒幕の人たちへも攻撃が可能である証でもあり、その日(その気になったあかつきには)が来たら大変なことになりそうです。
posted by 究明 at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 政府 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

ソニーネット攻撃北朝鮮犯人説のお粗末

情報源http://tanakanews.com/141229sony.htm

2014年12月29日   田中 宇
「ソニーネット攻撃北朝鮮犯人説のお粗末」より抜粋

・・・・・・・・・・・・・・

12月19日、FBI(米連邦捜査局)が、北朝鮮の犯行と断定し、オバマ
大統領は北朝鮮の犯行を非難する声明を出した。しかし、今回の攻撃について
分析したネットに詳しい人々(ハッカー)は口々に、公開された情報から北朝
鮮の国家的な犯行を断定できる根拠がないと述べ、いずれかの国家による犯行
でなく、ネット攻撃を何度もやってきた個人のハッカー(クラッカー)がソニ
ーを嫌って行ったか、会社に恨みを持つ従業員か元従業員の犯行と考える方が
妥当だと述べている。米当局が発表せず機密にしてある情報の中に決定的な証
拠があるのかもしれないが、それが発表されない限り北朝鮮犯人説を支持でき
ないと、何人かのネット業界人が表明している。

・・・・・・・・・・・・・・

北朝鮮は、国家全体で1024個しかIPアドレスを使っていない。ネット
企業の1社分だ。日本は2億個、米国は10億個のIPアドレスを使っており、
北朝鮮のインターネットの規模がいかに小さいかわかる。犯人がPSEのサー
バーから盗んだとされる100テラバイトの情報量を北朝鮮のコンピュータ
に転送したら、そのデータ転送によって北朝鮮のインターネット回線がパンク
状態になると指摘されている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

時間がたつにつれて、北犯行説よりも、ソニー内部犯行説の方が注目される
ようになっている。ソニーはグループとして業績が悪化し、解雇される従業員
が増えた。クビにされそうになって自社のシステムを破壊したり経営陣の給与
明細をネットにさらそうとするシステム部門の社員が出てきても不思議でない。
今回の攻撃で犯人は、あらかじめサーバーのパスワードを書き込んだプログラ
ムを作って動かし、PSEのサーバーに侵入した。通常、犯人は標的のサーバ
ーのパスワードを知らないので、侵入時に試行錯誤してパスワードを盗み出す
手法をとる。対照的に、今回の犯人はパスワードをあらかじめ知っており、
内部犯行の可能性が高い。

・・・・・・・・・・・・

 米国のネットセキュリティ企業の専門家の一人(Kurt Stammberger)は、今
年5月まで10年間ソニーグループのシステム部門で働いていた「レナ」とい
うニックネームの女性が、自分を辞めさせたソニーに恨みを持ち、犯行声明を
出した「平和の守護者」の一員として事件に関与したと述べている。

・・・・・・・・・・・・・・・・

PSE攻撃は結局のところ、この映画の宣伝活動としてこの上な
く効果的なものになった。ソニーがこの攻撃事件を途中から意識的に映画の宣
伝活動として使ったのでないかとの見方も出ている。

・・・・・・・・・・・・

 オバマは米憲法の「表現の自由」を盾に、ソニーに映画の封切りを遅らせる
なと求めたが、実のところ米政府には、映画を公開したい理由として、表現の
自由より大事な要件があった。PSE攻撃でネット上に暴露されたソニー幹部
たちの電子メールの一つによると、PSEの「ザ・インタビュー」の制作に、
米政府の国務省が絡んでいた。国務省は、最後に金正恩が暗殺されるこの映画
が海賊版DVDなどのかたちで北朝鮮に密輸入され北の市民が映画を見ること
で、実際に金正恩を暗殺しようとする北の国内の動きを加速することを期待し、
早い段階からこの映画の制作に関与した。ソニーのトップは北の激怒を恐れ、
金正恩が殺される筋書きを敬遠したが、国務省が横やりを入れ、正恩の殺害で
映画が終わるようにさせた。

・・・・・・・・・・・・・・・

 加えて、米政府がほとんど根拠なしに北の犯行だと断定したこともお粗末す
ぎる。米当局は、世界中の通信を盗み見できるNSA(国家安全保障局)の通
信傍受システムを持っているのに、薄弱な証拠しか提示できない。客観的な捜
査の結果でなく、北の政権を転覆したいという政治的な戦略に引っ張られ、北
犯人説を断定してしまった。根拠の薄弱さが米政府に対する国際信用を落とし、
濡れ衣をかけられた北の国内をむしろ結束させ、政権転覆戦略自体を失敗さ
せている。近年の米政府は、イラク侵攻、イラン核開発問題、シリア内戦、ウ
クライナ危機など、お粗末な戦略だらけだ。なぜ米国は、こんなにお粗末な策
を繰り返すのだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 拉致問題を解決して北に接近し、日朝で中韓と対立しようとしている安倍政
権の日本に対する米国からの横やりとして、今回のPSEハック事件を考える
こともできる。米国は、安全保障面で日韓を協調させ、在日・在韓米軍の負担
を減らしたい。官僚独裁を維持するため対米従属に固執する日本は、在日米軍
の削減を何とかして避けたいので、拉致問題を解決して北と接近し、韓国を怒
らせたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

米国はこの日本の姿勢を好まず、日本企業であるソニーのグループ会社PSE
を舞台としたハック事件を北のせいにした。拉致問題の解決に向けて動いてい
た日本政府は、ハック事件で日朝協議が妨害され、困っている。米政府は、
薄い根拠で北を非難し、日本に同じ言動を求めることで、日本が北と接近でき
ないようにしている。日本のマスコミが、PSEハックを米国の事件として他
人事のように報じるのは、この点と関係ありそうだ。

・・・・・・・・・・・・・

抜粋終わり
posted by 究明 at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 政府 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。