2013年10月09日

2013年10月18日

2013年10月23日

トウモロコシ製アメリカ人

このビデオを見ると、アメリカ人が食べ物をトウモロコシに依存していることがよくわかる。トウモロコシは形を変えて肉になり、飲み物になり、食用油になり、、、。工場のような農場はすでに農業ではない。しかも直に食べればまずいトウモロコシの大量生産。牛は本来草を食べる体であって、穀物を食べるような体ではない。食べれば病気になる。無理矢理トウモロコシを食べさせ、病気を押さえるために抗生物質を与える。トウモロコシといい、牛といい、現代の食べ物は工業製品になっている。そんな作り方をしたものを食べて、人間は人間らしくいられるのだろうか?

posted by 究明 at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・農薬・肥料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。